―“安全・安心、愛情いっぱい”のブランド卵「さくら玉子」生産―
販売所を核に全量直販の態勢を築く
静岡県御殿場市 (有)杉山養鶏場

「周辺に行楽地やゴルフ場がある立地を生かして生産した卵の直売を行っていますが、生産者自らが売っている産みたて卵とあって、お客さんには安心して買っていただけるようです」というのは、(有)杉山養鶏場で販売を担当する杉山すえさん(杉山哲朗代表の夫人)。 

 鶏舎に隣接する10坪ほどの販売所に入ると、すぐ左手に「さくら玉子」とネーミングされたピンク色の卵がボリューム陳列されているのをはじめ、横には10種類以上の旬の地場野菜や果物、切り花、その前の冷蔵ケースには鶏肉を原料にしたハム・ソーセージ、さらに温泉卵、味付け卵、厚焼き卵。みそ、わさび漬け、静岡茶、米までもラインアップされており、食料品店並みの品ぞろえだ。「お客さんからお客さんへのクチコミだけですが、店売りと宅配便による通販で、100%を直販しています」(すえさん)。

 杉山養鶏場は現代表の父親(肇さん)が昭和23年、農業経営の中に養鶏をとり入れたのが始まり。以来、導入ビナを「ゴトウ鶏」一本に絞り、徹底した管理で産卵量や飼料効率の向上に努め、基礎を築いてきた。昭和48年、哲朗さんは大学卒業と同時に就農。当時、成鶏6000羽を飼養し、生産した鶏卵は地元の問屋に出荷していた。
しかし、そのころの鶏卵業界は生産調整が始まるなど不安定な環境であり、産みたての卵を求める近隣の消費者が増えてきたことなどから、昭和53年敷地内に直売所を開設。クチコミで売り上げも徐々に伸び、生産量の2割ほどを占めるようになる。 「家族労働を核として小規模でも安定経営ができる」(杉山哲朗代表)との信念から直販一本化の道を選択した。平成2年には有限会社に法人化するとともに生産施設の整備・規模拡大を実施し、さらに8年には作業所兼販売所を新築して直販態勢を確立した。
 

 現在の飼養規模は1万2000羽。生産部門の担当は長男の道洋さん。大学卒業後、税理士事務所での研修を経て平成11年に後継者として就農しているが、12年11月からは父・哲朗さんが病気療養のため経営の主体となっている。 
 鶏種は「ゴトウ」で、8割がピンク色の卵を産む「ゴトウさくら」、残り2割が赤玉の「ゴトウもみじ」。「常に小玉から大玉までを品ぞろえするため、月1回大ビナを1000羽ずつ導入し、導入後12ヵ月で淘汰する生産サイクルです」(道洋さん)。ケージ2段の低床式開放鶏舎で、ゆったりとした環境のなかで飼われている。飼料は一般的な配合飼料だが、健康な鶏づくりと悪臭発生防止のためオリゴ糖、海藻、フィターゼを添加している点が独自だ。
 杉山養鶏場の最大の特徴は、“お客さんの顔が見える販売”。このため家族のうち最低でも1人は販売所に立つ。「食品を販売する以上、安全・安心は当たり前で、いかに愛情を込めた商品を提供・販売できるかにこだわっています」(すえさん)。
このポリシーが端的に表われているのが卵のネーミング。「さくら玉子」という親しみやすい名称をつけ、小玉を「三分咲き」、中玉を「五分咲き」、大玉を「八分咲き」。加工卵は「黄味シリーズ」で統一し、「黄味の瞳」(味付け卵)、「湯上りの黄味」(温泉卵)、「黄味がすべて」(厚焼き卵)―という具合だ。 
 直売の成功のポイントは、リピート客をどれだけつかまえることができるかといわれているが、杉山養鶏場でその強力な“武器”になっているのが野菜をはじめとする地場の商品。平成8年、店舗の新築に合わせて近隣の耕種農家7人による朝どり野菜生産集団「みどり会」を組織し、新鮮野菜の販売にも取り組み始めた。
 「みどり会」のメンバーは60〜80歳の高齢者が販売の楽しみをもって野菜づくりを行うことを目的に発足。現在会員は11人に増え、月1回、定例会をもち、売場でのお客さんの声を反映した作付け計画の検討などを行っている。
 地域の専業農家が生産した農産物や農村女性グループが加工生産したみそ、まんじゅうなどの販売にも積極的に取り組むなど「地域の活性化につながる養鶏」を実現しているといえる。
 もう1つ、地域とのかかわりで重要なのが、たい肥の生産・販売だ。平成10年杉山代表が主体となって「二子堆肥生産組合」を設立、杉山養鶏場内に脱臭装置付き密閉縦型発酵施設を新設。たい肥は、組合員の耕種農家で利用されるほか、販売所の店頭でも販売され、「持続性のある循環型農業」の推進にも貢献している。

 こうした経営実績が評価されて、平成13年度全国優良畜産経営管理技術発表会で優秀賞(中小家畜部門)を受賞している優良事例だが、今後の計画として「卵の生産・販売だけでなく、“鶏卵の食文化の発進”を目標とした新商品の開発や料理教室の開催、飲食部門の設置などを考えています」(道洋さん)。
 リハビリ中の杉山代表も順調に回復に向かっており、今後の展開が楽しみな経営である。



畜産コンサルタント7月号  2002