優秀畜産表彰中央情報交流会
22年度
21年度
20年度
19年度
18年度
16年度
15年度


HOME >> 平成18年度 テーマとねらい

テーマとねらい

今後の酪農経営の展開

自給飼料基盤に立脚した持続的・環境保全型酪農経営の実践、酪農経営の体質強化のための技術の活用等について、以下のとおり情報交流を行う。
酪農経営分析(生産性、収益性、労働収益性)からみる牛−草−土の循環体系
自給飼料生産基盤に立脚した生産コストの低減
牛群検定情報を活用した生産管理と高収益の実現
ETの活用による酪農経営の収益拡大と地域連携
労働の効率化
地域で各種技術の利用・普及を推進するにあたってのポイント

今後の酪農経営の展開

飼料イネを核とした地域営農の推進

地域における飼料イネ需給の取り組み・しくみ、畜産農家が利用するにあたっての有意性等を中心に以下の情報交流を行う。
耕種、畜産、(コントラクター)が一体となった地域の仕組みづくりについて
飼料イネを畜産農家が利用するにあたって〜その有利性について〜
飼料イネを核とした地域営農の推進

地域資源を有効活用した肉用牛生産とそれを核とした地域振興

中山間地域等における放牧事例を中心とした地域資源有効活用型の肉用牛低コスト生産・経営のあり方、それを生かした販売戦略、地域活性化方策等について、以下の情報交流を行う。
肉用牛経営分析(生産性、収益性、労働収益性)からみる地域資源有効活用型生産体系
放牧の利用や自給飼料生産による低コスト生産の追求
放牧牛のメリットと付加価値化をめざして〜評価・メリット〜
労働の効率化・省力化による低コスト化
地域資源の有効活用事例を核とした地域振興活動のあり方と今後の可能性
地域資源を有効活用した肉用牛生産とそれを核とした地域振興

肉用子牛の低コスト生産

自給飼料生産と放牧、施設・機械、省力化等によるコストの低減や技術の改善からみる効率的な経営を実現し、今後、安定的で体力のある肉用牛もと牛づくりを目指すため、以下の情報交流を行う。
肉用牛経営分析(生産性、収益性、労働収益性)からみる牛−草−土の循環体系
自給飼料生産や放牧の利用による低コスト生産の追求
施設・機械の低コスト化
労働の効率化・省力化による低コスト化
徹底的なデータの把握・管理・活用による生産性の向上
肉用子牛の低コスト生産

このページのTOPへ▲