畜産大賞 >>畜産大賞事例情報 > 新潟県 > 平成20年度(2008年度) > 遊休地活用により耕畜連携体制を確立した酪農経営

遊休地活用により耕畜連携体制を確立した酪農経営

牛舎の全景

新発田市北東の菅谷地区(中間農業地帯)にある牛舎。新発田市は農業算出額に占める畜産物の割合が40%と高く、畜産が盛んに行われている。


<<前へ|次へ>>

Copyright(c) 社団法人中央畜産会 All Rights Reserved.