AND OR 
WHAT'S NEW
..more

最近の記事

カテゴリツリー
記事リスト
  • 遊休地活用により耕畜連携体制を確立した酪農経営
  • 遊休地活用により耕畜連携体制を確立した酪農経営
  • 共同作業を基盤とした畜産基地入植者の和牛繁殖経営
  • 共同作業を基盤とした畜産基地入植者の和牛繁殖経営
  • 畜産大賞事例情報 > 新潟県 > 平成20年度(2008年度) > 遊休地活用により耕畜連携体制を確立した酪農経営

    遊休地活用により耕畜連携体制を確立した酪農経営

    http://group.lin.gr.jp/grand_prix/con/niigata/

    新潟県

    1 地域の概況

     新発田市は県都新潟市に隣接した、新潟平野の北部に位置する阿賀北の中核都市で、平成15年に旧豊浦町、平成17年に旧紫雲寺町、旧加治川村と合併して拡大し、総面積532k?、人口106,000人の県内5番目の都市となっている。江戸時代には10万石の城下町として栄え、現在も国の重要文化財となっている新発田城や足軽長屋などの文化遺産をまちの随所にとどめている。

     産業は農業を中心に電気機械工業、縫製業、食品工業や小売業等が盛んであり、道路網の整備により新たな企業の進出も続いている。農業については、加治川の水系によって潤う肥沃な土地を利用した県内有数の良質米コシヒカリの産地となっているが、畜産も盛んに行われており、新潟県全体では農業産出額に占める畜産物の割合が18%であるのに対し、新発田市では40%(94億円)を畜産物が占め、新潟県内の市町村の中では最も高い畜産物産出額となっている。

     中野牧場のある菅谷地区は新発田市の北東に位置する中間農業地帯で、水稲やタバコ栽培が行われている。地域内には日本三大不動尊の一つである菅谷寺があり、“眼病に霊験あらたか”と全国から信者が集まってくる。畜産については酪農経営が3戸あるが、新発田市内の中では比較的畜産経営の少ない地域となっている。

     新発田市では、家畜排せつ物法の施行に対応して、平成17年に市内3ヵ所に有機資源センターを建設して家畜ふん尿の堆肥化を推進しており、この有機資源センターを核とした耕畜連携による土作りを進め、安心・安全な農畜産物の生産と高付加価値化を目指している。

    2 経営の概況

    (1)労働力の構成(平成20年7月現在)

    3 経営・活動の推移

    4 経営・生産活動の内容

    (1)耕作放棄地を積極的に活用した飼料自給率の向上

      自作地の飼料畑1haに加えて、地域でタバコ栽培等を中止した耕作放棄地を積極的に活用し、8.5haの畑を借地することにより、 合計で9.5haの飼料畑を確保して自給粗飼料の増産に努めている。  生産した作物は、全てサイレージに調製して通年給与を行い、粗飼料の40.3%を自給して乳飼比を50.1%(新潟県指標値50%以  内)に低減している。   畑は2km程度の範囲内にあるが、借地を行っている地主が35戸と多く、10a〜200aまでの小面積の土地が40区画に分かれて作業効 率が悪いものの、自給粗飼料の増産を経営目標として飼料生産への取り組みを強化している。  平成17年にはロールベーラを導入して機械化を図り、混播牧草6ha、ヒエ2ha、トウモロコシ1.5haを栽培し、購入粗飼料を節減する ことにより所得向上に結びつけている。

    (2)生産コスト低減への取り組み

     ? 全頭、公共育成牧場を利用した育成の実施   後継牛は出来るだけ外部からの導入に頼らず、能力のわかる自家育成牛により確保する方針であり、飼養牛の自家産牛割合は  86%と高くなっている。育成牛は全頭(年間12頭程度)、県営妙法育成牧場に預託して、発育が良好で肢蹄の強い牛作りを行い、 今期の疾病による廃用牛は1頭のみと非常に少なくなっている。  また、高能力牛群を整備するため、公共牧場では乳用牛受精卵の移植を依頼し(年間4〜5頭)能力向上に努めている。さらに、育 成牛を全頭、牧場に預託することにより育成牛管理労働の軽減が図られ、労力を人工授精業務や3戸共同による削蹄作業、自給粗飼 料生産に活用し低コスト化を図っている。

     ? 牛群検定と繁殖管理の機械化による生乳生産効率の向上   毎月1回の個体別乳量検定を実施し、個体能力と乳成分(特に体細胞数)を把握して毎日の飼養管理に活用して、経産牛1頭当た り年間乳量8,958kg、平均体細胞数19万個を達成している。  特に、繁殖管理においては、経産牛の右足に歩数計を装着し、1時間毎にコンピュータで歩数をチェックできるシステムを平成19年 3月に導入して効果を上げている。このシステムの導入により発情開始時間が把握でき、授精適期に人工授精できることや、授精後 の発情再帰の確認、発情の見られない牛の早期治療が可能となり、今期は分娩間隔13.2か月(新潟県指標値13.5か月以内)を達成 している。さらに、繁殖管理時間を短縮することが可能となり、労働生産性向上につながっている。

     ? 飼養管理の機械化による自家労働費の節減

      搾乳作業において、ミルカー搬送レール2本と搾乳器具運搬用レール1本を設置して、搾乳時の機械等の運搬作業労力の軽減を図 るとともに、自動離脱装置を利用した後ろ搾り方式の導入、自動給餌機の利用、カウトレーナーの設置による牛体の汚れ防止を行 い、省力的な飼養管理体系を確立することにより、1回の搾乳時間を1時間に短縮して効率的な作業を行っている。

     ? 飼料の適正給与の実践

      飼料給与作業では、平成10年に自動給餌機を導入し、1日5回の濃厚飼料の個体別適正給与を行うとともに、平成16年には搾乳牛 が採食の時に、比較的自由に動くことができるニューヨークタイストール方式の繋養に変更し、さらに手作りの盗食防止用パイプ を飼槽に設置して飼料に無駄が生じないように工夫している。

     ? 自家労力を活用した経費の節減

      本人、父の両者が家畜人工授精師資格を取得して、人工授精業務は家族で実施しているほか、付属施設の建設や修繕に際しては 自家労力により対応している。また、削蹄作業を地域の酪農家3戸の共同作業で、年に2〜3回定期的に実施し、自分たちで削蹄を行 うことにより経費の節減を図っている。

     ? 記帳による経営管理の実践

      地域の酪農組合の仲間と共に、コンピュータを利用した複式経営簿記に取り組み、数字に基づいた経営管理を実践してコスト低 減につなげている。平成14年3月には、妻、父母との4人で、家族経営協定を締結し、酪農部門は本人、稲作部門は父が責任者とな るなど、作業分担、労働報酬等を明確としている。

    (3)搾乳牛の衛生対策による良質乳生産

      牛舎の外壁は、外部からハト等の鳥類が侵入しないように金網で覆い、巻き上げカーテン方式として衛生対策を講じている。  牛体の衛生対策として、平成16年に40mmの厚さがある牛床マットに交換して、敷料のオガクズには細菌の増殖を防止するため消石 灰を混合して利用することやカウトレーナーの設置、さらには牛の尻尾がふん尿溝で汚れないようにロープで吊り下げる等の工夫 により、関節炎の予防や牛体(特に乳房)の汚れを防止し、衛生的な搾乳を可能にしている。   このことにより搾乳時には、水をほとんど使わず、ペーパータオルで対応できるようになり、ニトリル製手袋の着用、前搾り、 プレディッピングの実施など乳房炎防止対策を徹底している。これらの取り組みにより乳質の向上が図られ、平成19年には新潟県 が推進している「畜産安心ブランド生産農場(クリーンミルク生産農場)」に認定されている。

    (4)乳製品製造販売の実施

      平成18年に妹が牛舎近くで喫茶店をオープンしたのを契機として、ジュラート製造機を導入してジェラート販売に取り組んでい る。現在、季節に応じて新発田市の特産物であるアスパラを利用したジェラート等6種類を常時、販売しているが、今後は本格的な 販売を目指している。

    (5)堆肥を利用した減農薬減化学肥料栽培米の生産と耕畜連携による環境保全への取り組み

      環境リース事業により建設した切り返し方式の発酵槽を活用して堆肥を生産し、8割を自作地の水稲と飼料作物の基肥として、ま た2割を地域内の水稲栽培農家にマニュアスプレッダで散布してやり有効利用を図っている。水稲部門は、父が主体となって管理を 行い、借地を含めた13.5haの栽培面積全てに堆肥を施用して、減農薬減化学肥料米を生産している。米は地域の農協に出荷してい るが、一部を妹の喫茶店でランチとして客に提供するほか、精米した米を3kg入り袋1,500円、5kg入り袋2,200円で販売している。

    5 地域農業や地域社会との協調・融和のために取り組んでいる活動内容

    (1)地域の農業・畜産に関わる活動

     ? 青年部活動等への積極的な参加

      地域の酪農組合の青年部活動に積極的に参加し青年部長も務めるとともに、日本酪農青年研究連盟に加入して、全国の酪農経営 との交流を図っている。父は、地域の総合農協の監事を2期務め、農業・畜産の発展に尽力している。

     ? 削蹄作業の共同化

      平成17年に導入した削蹄枠を有効利用するため、地域の酪農家3戸で、削蹄枠の共同利用と共同作業実施体制を構築し、他の2戸 の酪農家からは1頭1,000円の負担金を徴収して年2〜3回の定期的な削蹄を行い、コスト低減を図っている。

    (2)地域資源の活用と循環型畜産の実践

      地域内で遊休地となった小面積で栽培条件の悪いタバコ栽培跡地等8.5haを積極的に借地し、自給粗飼料生産に活用して飼料自給 率の向上を図っている。また、畜産環境リース事業により建設した堆肥発酵槽で生産した堆肥を自作地の水田や地域の稲作農家の 水田で活用するとともに、地域で排出されるモミガラ100ha分を収集し、堆肥の水分調製材として活用し、土地に還元する体制を構 築している。

    (3)生産した農産物の地産地消への取り組み

      妹が地域の食材を使ったジェラートを製造し、平成18年にオープンした喫茶店で販売しているほか、地域で生産された米、野菜 等を使ったメニューを提供するなど、家族の連携により地産地消を推進している。

    (4)酪農の理解促進活動への取り組み

      新発田市公民館が実施する地域の小学生の酪農体験(搾乳、飼料給与、バター作り等)の受け入れ牧場となっているほか、農協 婦人部が企画して実施する小学生、中学生を対象とした体験学習も受け入れている。また、酪農青年部活動に参加して、消費者が 酪農体験を行うイベントの受け入れや、地域の「まつり」に参加して牛乳の無料配布を行い、酪農に対する理解促進や牛乳の消費 拡大活動に努めている。

    6 今後の目指す方向性と課題

    (1)良質堆肥の生産

      酪農と水稲との複合経営という耕畜連携体制をより強固なものとするため、古くなった堆肥舎を整備中であり、さらに良質な堆 肥の生産、利用体制を確立する。

    (2)トウモロコシ生産の拡大

      自給粗飼料生産においては、適期作業による一層の収量向上を目指すとともに、養分自給率を向上するため、牧草栽培からトウ モロコシ栽培への作付け変更を行い、トウモロコシを収穫、調製するための細断型ロールベーラの導入を検討している。

    (3)高能力牛群の整備

      公共牧場を活用した育成牛の預託を継続し、高能力牛の受精卵移植や牛群検定結果の活用により、一層、能力の高い牛群を整備 する。

    (4)農産物の直接販売の拡大

      販売面では、生産者の顔が見える販売を目指し、乳製品の消費者への販売拡大と併せて、耕畜連携体制を一層強化し、自家産堆 肥を活用した有機栽培米を直接販売できる体制を構築する。販売拡大方策として、地域の消費者だけでなく、牛舎、喫茶店のすぐ 近くにある日本三大不動尊「菅谷寺」を訪れる観光客をターゲットにした広域的な販売拡大を目指している。

    (5)消費者交流の継続実施

      農産物の消費者への販売拡大と並行して、消費者との交流を深めるため、牧場に消費者を招く交流会は継続して実施し、農業へ の理解者を拡大する。

    7 自給飼料の生産と利用状況

    8 家畜排せつ物の処理・利用状況

    Copyright(c) 社団法人中央畜産会 All Rights Reserved.