畜産大賞 >>畜産大賞事例情報 > 愛媛県 > 平成20年度(2008年度) > 高位生産による高所得・経営安定を目指して

高位生産による高所得・経営安定を目指して

自宅と周辺

愛媛県大洲市長浜町で養豚を営む松田養豚は、夫婦仲良く愛情たっぷりの豚を育てています。 現在の母豚飼育頭数は70頭と、規模縮小をしています、飼育成績では従来とほぼ変わりなく母豚1頭当たりの年間出荷頭数は21頭以上を維持しています。子豚の育成率も90%以上、DGも650g以上を確保しています。最も経営を左右する飼料要求立も農場要求率で3.25と従来の成績を維持しています。 飼育頭数の減少は平成18年以降配合飼料価格の高騰があり収益性の低下傾向が見られたこと、なお疾病も一部で発生をした関係で減少をしています。


<<前へ|次へ>>

Copyright(c) 社団法人中央畜産会 All Rights Reserved.