畜産大賞
 HOME>>表彰事例>>平成14年度
畜産大賞とは
表彰事例
これまでの受賞者一覧
平成10年度 平成11年度
平成12年度 平成13年度
平成14年度 平成15年度
平成16年度 平成17年度
平成18年度 平成19年度
平成20年度 平成20年度
平成22年度  
 
事例検索
参加・お問い合せ先
平成14年度表彰事例
下の黒枠のメニューから各賞ごとの事例に飛ぶことが出来ます。
各事例とも事例紹介および詳細資料をご覧いただけます。
右下のアイコンをクリックしてください。なお、一部資料はPDF形式になっています。
畜産大賞>> 研究開発部門 審査講評
  最優秀賞>> 経営部門指導支援部門地域振興部門研究開発部門
  優秀賞>> 経営部門指導支援部門地域振興部門研究開発部門
     

畜産大賞
経営部門
金メダル
『エチレングリコールを使用した牛凍結胚の直接移植技術の開発研究とその普及による胚移植の利用拡大』

家畜改良センター胚移植研究グループ(代表 堂地 修)

事例紹介 詳細資料
  ▲TOPへ
最優秀賞
経営部門
銀メダル
『三代続く本物の酪農経営』

大分県速見郡山香町  小原 春美・小原 美鈴
事例紹介 詳細資料
指導支援部門
銀メダル
『地域で支える豊かな活き壱岐肉用牛生産体制の確立』
−離島における肉用牛の地域内一貫生産体制の推進と地域サポートシステムの構築−

長崎県壱岐郡芦辺町 壱岐地域農業振興協議会技術者会畜産部会
(代表 平野 勝紀)

事例紹介 詳細資料
指導支援部門
銀メダル
『ジャージー牛乳を活かした小国郷酪農の第6次産業化への取り組み』

熊本県阿蘇郡小国町  阿蘇農業協同組合小国郷営農センター
(代表  大塚 嘉久) 
事例紹介 詳細資料
指導支援部門
銀メダル
『エチレングリコールを使用した牛凍結胚の直接移植技術の開発研究とその普及による胚移植の利用拡大』

家畜改良センター胚移植研究グループ(代表 堂地 修)
事例紹介 詳細資料
▲TOPへ
最優秀賞
経営部門
銀メダル
『経営を育雛から採卵・直売へと多角化し、高付加価値化商品の開発とインターネットなどを活用した販売の取り組み』

福岡県嘉穂郡頴田町  有限会社畠中育雛場(代表 畠中 兼雄)
事例紹介 詳細資料
指導支援部門
銀メダル

『中山間地域における地域養豚の振興方策』
−きめ細かい営農指導による消費者ニーズに対応した養豚生産技術の向上と安定経営への取り組み−

群馬県富岡市  甘楽富岡農業協同組合営農事業本部畜産課
(代表 佐々木 林太郎)

事例紹介 詳細資料
指導支援部門
銀メダル
『乳流るる里をめざして』
−酪農を中核とした里づくり−

広島県佐伯郡湯来町  広島市農業協同組合砂谷酪農部会
(代表 植田 明義)
事例紹介 詳細資料
指導支援部門
銀メダル
『中山間地域における耕作放棄地の放牧利用技術に関する総合研究』

耕作放棄地の放牧利用技術開発チーム
(東日本グループ代表  瀬川 敬・市戸 万丈)
(西日本グループ代表  小山 信明 )
事例紹介 詳細資料
▲TOPへ